忍者ブログ
XOPS OFFICEの管理人が暇なときに書き綴るBLOG。略してOFILOG(オフィログ)。
[66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

XOPS 2 のロゴが発表されたみたいですね。

とりあえず自分の環境で Mesh Editor の各モードがどのように表示されるかを試してみました。

OS: Windows 7 Professional x64、CPU: AMD Phenom II X6 1055T、MEM: 4GB、VGA: ATI Radeon HD 5770、VRAM: 1GB

FPL
FPL

PS
PS

PS + QHDR
PS + QHDR

FPL (Fixed Pipe Line と思われる)
もっとも簡素なモードのようです。ディフューズテクスチャも含むすべてのテクスチャを 1 枚に合成して、その画像をテクスチャとして使用しているようです。
PS (Programmable Shader と思われる)
FPL と比べると明らかに画質が良くなっています。バンプマッピングの部分や物体の光沢 (スペキュラ) なども表現されています。
PS + QHDR (Programmable Shader + Quick High Dynamic Range と思われる)
PS に簡易 HDR を付けたもののようです。発光している部分 (エミッシブ) がその明るさのためややぼかされているように見えます。

XOPS 2 の描画システムはそのほかにもアンビエントオクルージョンやらトゥーン (アニメ風) やらも備えるみたいですね。これからどうなるか楽しみです。

おまけ:
MNGRSd
MNGRSd を自分の環境で動作させたときの様子

"PP" というのは "Post Process" だと思われる。

おまけ2:

ディフューズマップ
普通のマッピング。今までの XOPS でも使われていた形式。
法線マップ (視差マップ)
物体の「でこぼこ感」を出す。視差マップは法線マップの改良版的なもの。
スペキュラマップ
物体が光に当たった際の反射を決める。「ツヤツヤ感」などを出す。
エミッシブマップ
物体が発光しているように見せる。あくまで「見せる」だけであり、これだけで周りを照らすことはできない。ライティングと組み合わせれば「電球が光って周りを照らしている」などが表現できる。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
XOPS2の完成が待ち遠しいですね^^
Darkness 2011/01/13(Thu) 編集
無題
ありがとうございます。「おまけ2」の解説は個人的に助かりました。
名無権兵衛 2011/01/23(Sun) 編集
DS
이거6월에출시한다고함 ㅋㅋㅋㅋ
DOPSDJ 2011/02/13(Sun) 編集
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
HAMP / MasterChicken
HP:
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
PC
自己紹介:
main website: ngnl

twitter: @MastrChicken
最新CM
(01/04)
(12/05)
(11/06)
DS
(02/13)
(01/23)
最新TB
ブログ内検索
カウンタ
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © OFILOG All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]